歯医者に通うのが不安な方|徳島の審美歯科・歯医者は三木照久歯科【矯正・ホワイトニング対応】

心地よい歯医者さん また来たい歯医者さん・・・

歯医者に通うのが不安な方

歯医者に通うのが不安……

歯医者に通うのが不安……

「歯医者は恐い。あの削る音が聞こえてくるだけで……。できれば行きたくない。」

こんな風に思うのは、お子様だけではないでしょう。大人の方だって苦手な方は苦手ですよね。でも、虫歯は決して自然治癒しません。

三木照久歯科では、歯科医院を苦手とする方々にも、安心して来院していただきたいと考えております。来院された患者様が、治療前にお待ちいただいている間にリラックスしていただけるようヒーリングミュージックをかけたりと院内の雰囲気や内装を明るく落ち着いたものにしています。もちろん来院していただいた患者様が「またこの歯医者に行きたいな」と思っていただけるように、コミュニケーションを大切にし、かつ最新の機器を用いて精度の高い治療を提供いたします。

また、歯科医院は「歯が痛くなったら行くところ」というイメージをお持ちの方も多いですが、当院では虫歯や歯周病になる前の予防歯科治療や定期検診などにも力を入れています。痛くなってからの治療ではなく、虫歯や歯周病にならないようにするために治療します。歯や口元に関するお悩みや気になることがありましたら、メールにてご相談ください!以下に、患者様からのご相談内容を少し、ご紹介します。

妊娠初期に歯科医院でレントゲンを撮ってしまいました。胎児への影響はありますか?

胎児への影響はありますか?

こんにちは! 三木照久歯科、院長の三木照久です。 おめでたの、これからママになる方からのご質問ですね。まずは、「おめでとうございます」を言わせてください。

さて、ご質問の件ですが、ご心配でしょうから先に結論から申し上げます。まず問題ないでしょう。確かに妊娠初期の被ばくは生まれてくる赤ちゃんの奇形や、最悪の場合、死亡確率が高まると言われています。ただし、そうした問題が起きる放射線の最低量は5~10レム(放射線の単位)とされています。この線量をレントゲン写真に換算すると、歯よりもう少し子宮に近い胸部で25,000枚分、さらに近い腹部で約300枚分に相当します。ですから、子宮から離れたお口のレントゲン写真を撮影された程度であれば、まず全く心配ないと申し上げてよいでしょう。

特に、もし当院と同じような「最新のデジタルパノラマX線装置」を導入されている歯科医院でしたら、従来のものと比べて被ばく量は約1/3、子宮付近でもお日さまを浴びるのと同じぐらいとされています。ご安心ください。では、元気な赤ちゃんが生まれてくることをお祈りしています。